フォーラム記事

onecosoba
2022年10月04日
In 交流の場
岩手日報社(東根千万億(あずまねちまお)社長)は10月6日(木)、ロサンゼルス・エンゼルス所属の大谷翔平の今シーズンの活躍を振り返る米国向け特別号外5,000部を発行し、オレンジ郡、ロサンゼルス市内などで配布をします。 岩手日報社は、1897年創業、岩手県盛岡市に本社を置く新聞社で、大谷選手の生まれ故郷の県紙です。特別号外では、英語・日本語版を含め6ページの内容で、大谷選手の今年の活躍を紹介すると同時に、東日本大震災からの米国支援、大谷選手の地元としてこれまでの応援、友好関係への感謝を伝える内容です。 日系スーパーのミツワデル・アモ店で15時から、コスタ・メサ店で16時30分より配布する他、在ロサンゼルス日本国総領事館、日系団体などに表敬ならびに送付して、太平洋を超えて地元コミュニティーにお届けする予定です。 10/06/22 around 15:00pm~ Mitsuwa - Torrance Del Amo (3525 W Carson St., Suite 164, Torrance, CA 90503) 10/06/22 around 16:30pm~ Mitsuwa - Costa Mesa(665 Paularino Ave., Costa Mesa, CA 92626)
【岩手日報米国向け特別号外=オレンジ郡、ロサンゼルス市内で配布!!】 content media
0
0
10
onecosoba
2022年10月03日
In 交流の場
あんバターの中にはサクサクのパフのようなものが入っていて、クッキーのシャキシャキ食感も良く、甘すぎず美味しいです。
【エガオト・イワテト・福田パンのクッキー】 content media
0
0
2
onecosoba
2022年10月03日
【花巻物産店・みみずくで買ったお土産】 content media
0
0
2
onecosoba
2022年10月03日
In 交流の場
3年ぶりの日本。花巻在住の姉に会ってきました。新幹線やまびこ57号にあったTrain Vertという雑誌に、釜石市出身の作家Yuko Yuzuki(柚木裕子)のエッセイを発見。 また、一ノ関駅発車メロディーNSPも聴きました♡  お宿は花巻渡り温泉・別館楓。露天風呂で疲れをとり、創作和食膳で舌鼓を打ちました。お土産情報も掲載しますね。
【09.20.22 1泊2日の花巻訪問】 content media
0
0
3
onecosoba
2022年9月07日
In 交流の場
先日まで取材で訪れていた岩手日報報道部の下石畑さま、南加岩手県人会にコンタクトして頂き、有難うございます。取材の成果、特別郊外がでましたね!
【大谷翔平選手、2桁勝利、2桁本塁打達成!!】 content media
0
0
6
onecosoba
2022年8月15日
In 交流の場
地元Anaheim Stadiumへ20年ぶりの野球観戦。日本人観客が多くて驚きました。 3点を追う8回に大谷選手が26号ソロホームランを打ち、沈黙していた打線が息を吹き返すきっかけになり、11回サヨナラ勝ち😲 「Go! Angels‼」声を出しすぎて喉が痛いです(笑) 手前のヘルメットはIce Creamが入ってて、ペロリ。暑かったんですぅ。
【08.13.22 Angels vs Twins 】 content media
0
0
10
onecosoba
2022年8月09日
In 岩手情報
陸前高田市の夏と言えば、現在は気仙町のけんか七夕祭り、高田町のうごく七夕祭り、矢作町の灯篭七夕の3つがあります。
【陸前高田市の伝統継承3つの夏祭り!】 content media
0
0
5
onecosoba
2022年8月08日
In 岩手情報
全国の民俗芸能団体が一堂に集う第61回北上・みちのく芸能まつり(運営委員会主催)は6日から2日間の日程で、北上市中心部で開催された。新型コロナウイルス禍で公演の機会が大幅に減る中、2019年以来3年ぶりの夏の祭典。初日メインの鬼剣舞大群舞はかがり火の中、一糸乱れぬ舞い手が躍動した。
【一糸乱れぬ鬼剣舞大群舞₌北上・みちのく芸能まつり】 content media
0
0
6
onecosoba
2022年8月08日
In 岩手情報
磐井川の川開き花火大会、2代目時の太鼓巡行、くるくる踊り大パレード、銀座大龍神巡行などを多彩に繰り広げ、風流な七夕飾りが一関の中心商店街を彩る中、真夏の伝統行事を盛り上げました。
【第69回一関夏祭り】 content media
0
0
5
onecosoba
2022年8月08日
In 岩手情報
水中花火など多種多様な約8千発の花火とイルミネーションで飾られた海上七夕船団。港を照らす「かがり火」と洋上の「漁火」そして幻想的な音楽で構成された「かがり火幻想」。光と音の競演が見る人たちに感動を与えます。 大船渡湾内で海上七夕船団が巡航パレードを実施。特設ステージを備えた高さ約30メートルの「大船渡丸」はおよそ7千個の発光ダイオード(LED)ライトやちょうちん飾りに彩られ、七色の光を放った。住民に拍手で迎えられ、地元出身歌手・新沼謙治、大沢桃子らが船上でパフォーマンスを披露。
【三陸・大船渡夏祭り】 content media
0
0
8
onecosoba
2022年8月04日
In 岩手情報
=中尊寺に今東光有りき=と知名度を上げ続けさせた功労者。昭和の時代、中尊寺の貫主でありながら、マスコミや文壇で毒舌和尚としてこの平泉の地に全国の人々の耳目を一心に集めさせ、中尊寺金色堂の再建に力を尽くした方です。 先日、お母様の故郷が岩手で今東光住職とご縁があったという方から電話を頂きました。 K子様、Application Formを送りましたので、是非、南加岩手県人会に参加して下さいね。
【今東光僧侶、作家こんとうこう】 content media
0
0
6
onecosoba
2022年7月17日
In 岩手情報
新幹線が駅に到着したら、まず向かってほしいのが「光原社」。モーリオという店名は、宮沢賢治が作品の中で盛岡の街をモデルにした地名です。童話の世界のような中庭から別当の可否館で、くるみクッキーをほおばり、コーヒーはいかがですか? まんず、ホッとするべゃ。
【くるみクッキー@モーリオ】 content media
0
0
8
onecosoba
2022年7月16日
In 岩手情報
でぇじょぶだっ、今年はやるべ!  1978年に「盛岡さんさ踊り」としてパレードを行って以来、市民総参加のまつりとして成長し、2014年には「和太鼓同時演奏」の世界記録を達成しました。 「幸せを呼ぶ、来る」と書いて「幸呼来(サッコラ)」。鼓と笛の音色に加え「サッコラチョイワヤッセ」という掛け声とともにパレードします。
「世界一の太鼓パレード」・「来て、観て、魅せられ、加わるさんさ」 content media
0
0
16
onecosoba
2022年6月12日
In 岩手情報
みちのくに初夏の訪れを告げる伝統行事6月11日、3年ぶりの開催です。 色鮮やかな装束で着飾った馬が、滝沢市の鬼越蒼前(おにこしそうぜん)神社から、盛岡市の盛岡八幡宮までの約13キロメートルをゆったりと歩きます。Youtubeでライブ発信してますので、ご覧ください。
伝統行事【チャグチャグ馬コ】 content media
0
0
25
onecosoba
2022年6月11日
In 交流の場
認定NPO法人代表理事 ・佐藤 慧(さとう・けい)1982年岩手県生まれ。 陸前高田市にお住まいのご両親が震災を受け、その10年後の想いを【ReCollectionー東日本大震災から10年】(2021.3.19)で書いています。 また著書に『しあわせの牛乳』(ポプラ社)下閉伊郡岩泉町で「なかはら牧場」として山地(やまち)酪農を営む中洞正さんが牧場を完成するまでを追いかけたノンフィクション。同書で第二回児童文芸ノンフィクション文学賞など受賞。
Dialogue for People(ダイアローグフォーピープル) content media
0
0
6
onecosoba
2022年6月10日
In 交流の場
アメリカ大陸へ移り住んだ日本人、日系人36人の横顔を描いた。どのように新しい異国の生活空間に挑み、自分を展開していったか、在米60年の著者が綴る。 岩手県前沢出身、野本一平さん(本名乗元恵三)・僧侶、作家、教育者など多才な才能の持ち主。 2021年2月27日亡くなられました、享年88。 10年、米国での日本語教育の推進と日本人の福祉に尽力した功績により日本国より旭日双光章を受章されました。生前の野本さんの執筆を読めるウェブサイト、http://ippeinomoto.blog.fc2com/blog-entry-12.html 岩手の大先輩、移民の大先輩、是非ご覧ください。
【箸とフォークの間ーアメリカの片隅から】 content media
0
0
7
onecosoba
2022年6月10日
In 岩手情報
岩手県の百貨店と言えばこちら川徳百貨店です。呉服店として創業し156年の歴史を誇ります。 よそいきの服を着て出掛けたもので、あのワクワクを思い出します。 お目当てのお子様ランチ、美味しかった😋。 今もメニューにあるのかなぁ。
盛岡市菜園にある百貨店【川徳デパート】 content media
0
0
7
onecosoba
2022年6月10日
In 岩手情報
おなかがわらう、からだがよろこぶ❤  父の日のプレゼントにいかがですか? アルギン酸 たっぷり、三陸わかめの恵みをまるごと召し上がれ! 販売は大船渡市の(株)バンザイ・ファクトリー。いま大船渡に里帰りしている会長さま、お土産はこれでよろしいです(^_^)
【 三陸わかめ の 大黒柱 】 content media
0
0
6
onecosoba
2022年5月24日
In 岩手情報
日本語ロック史の草創期に活動したグループはっぴいえんど ( HAPPY END)のメンバーの大瀧詠一さん作曲「君は天然色」が2020年10月1日より、東北新幹線・水沢江刺駅で流れています。 『A Long Vacation』カセットテープ(Oh! No)聴いても色褪せず、感動ものです。 そしてまた、2019年3月20日より東北新幹線・一ノ関駅発車メロディーは、NSP(ニュー・サディスティック・ピンク)の「夕暮れ時はさびしそう」が流れています。彼らのLPは数枚実家にあるはず・・・
奥州市出身・作曲家【大瀧詠一】
一関市出身フォークグループ【NSP】 content media
0
0
16

onecosoba

その他